拈華微笑

我が琴線に触れる森羅万象を写・文で日記す

写真の神様 H・C・B 夫妻と一撮

名もなき写真家、必撮無眼流開祖・一撮にとって秘蔵と呼べる唯一の写真を初公開すべきタイミングが来たようだ。

いつの日か…とは思っていたが、ブログという形で公開する日が来るとは…

f:id:syaraku-sai:20190417174446j:plain

時は1978年、一撮26歳の時、まだ芦屋芸術学院に写真科助手として勤めていたか、或いはやめてフリーのときであったか?その点よく覚えていないが、PPS通信社という世界的に有名な写真家の写真版権を取り扱う会社の大阪支社でアルバイトしていたときに

PPS通信社主催の『アンリ・カルティエ=ブレッソン写真展』が行われ、そのオープニングに気前のいい社長さん(写真左端)が招いてくれた時に撮った写真。

カルティエ=ブレッソン夫妻のちょうど間に黒子になりきって微笑む一撮であった。

当時は英語すらできなかったし、かりに出来ても写真の神様に声を掛ける勇気は持ち合わせていなかった。写真を始めたばかりの頃、カルティエ=ブレッソンと、ロバート・フランクがボクにとって偉大な写真家であったから、カルティエ=ブレッソンのそばに寄れたというだけでうれしかったのだ。しかし、彼の作風には影響を受けたと思うが、真似をしようとは全く思わなかった。ブレッソンといえば、カメラは高価なライカであったが、ボクは当時安く、小型のペンタックスSPが気に入っていた。

『決定的瞬間』はブレッソンの写真を語る時、必ず出る言葉であって、風景の中で動く人物の切り取りは抜群であったが、ボクが最も彼を高く評価するのは静止するポートレイトにおける人の心の表出だった。あくまで自然光を利用した内面の表出の美しさ、強さに本当に写真のあり方というものを学んだと思う。

んで、なんでこのタイミングでこの『秘蔵写真』を公開する気になったかというと

最近、週一で5回のフランス語を学ぶコースをとったが、その最後の日に先生が最近のローザンヌでのTVニュースのビデオを見せてくれ、それが今現在、地元で行われているエリゼ写真美術館での『Martine Franc』展の案内であった。写真は1960〜90年代のモノクロ写真で大変いきいきした素晴らしい写真であった。この聞き慣れない写真家『マルティン・フランク』は誰なのだろう???と先生の解説も熱心に聞いているとボクは『エエッ!!』と激しく驚いたのだ。というのは、このMartine Franc こそアンリ・カルティエ=ブレッソンの奥様だというのだ。自分ではこの年代の写真家で知らない写真家は一人もいない!と勝手に自信を持っていたので、この写真家の存在を全く知らなかった事と、彼女が尊敬するブレッソンの奥様であったことも知らなかった事、さらにもう一つ、いま現在の我がエリゼ写真美術館の館長がこのマルティン・フランク女史の姪

Tatyana Franck(35歳)で2015年より館長になっている…ことなど知らなかった!のだ。

f:id:syaraku-sai:20190417194733j:plain

Martine とブレッソンは彼女が32歳、彼が62歳のときの結婚で、すでにブレッソンは世界的名声を得て写真の巨匠と言われているときに彼女は結婚したわけで、写真家としてもブレッソンに大きな影響をうけていることは、写真展を見ればわかった。

ただ、出逢っていなければ或いはもっと彼女の個性を活かした作品が撮れたのではないかと…写真展をみながら思ったことも事実だ。いずれにせよ、偉大な写真家との生活は彼女自身の写真家としての活動に快い事ばかりではなかったであろう。

f:id:syaraku-sai:20190417200105j:plain

   彼女の写真展が京都に来ていたんだ!

アイデンティティ

ブラックホールが視覚化、そして昨日パリのノートルダム大聖堂の延焼・・・

人間の営みには意識、無意識、自己の心の落ち着き先を探し求める行為というのが主体にある…というのが最近の一撮の思いで、それから外れれば外れるほど幸福から外れるのではないかと思っている。

唐突なことを言うようだが、そういうことが話題にならない世こそ問題なのだ。

最近は昔ほど『アイデンティティ』という言葉が使われていない気がする。

時代(或いは支配者)がそういった疑問を持つことを許さない…のだろうか。

しかし、人間である限りその『疑』から心をそらすことは不可能で、肯定するにせよ否定するにせよ様々な形で各人の人生を描き出すものであると思う。

ボクはこれまで、宗教ということを真剣に考えたことがなかったが、

釈迦の『悟り』は『里裡(さとり』であって、誰もが生まれた里への回帰なのではないかと考え至ったとき、宗教というものの役割が『人間にとっての』アイデンティティへのいざないなのではないかと思うようになった。

f:id:syaraku-sai:20190416204059j:plain

  どのくらい以前か忘れたが、昔ブログにアップした写真と短歌(一撮幼少時)

令(ブラック)・和(ホール)元年!

この4月になってから世の中、急に騒しい気がしているのはボクだけだろうか?

エイプリルフールの日に、安倍の肝いりで新元号『令和』が発表されたのも、どこかアベノフールらしい『嘘っぽい』感満載で日本人総まごつく日で4月開幕。

タレントのピエール瀧が違法薬物で逮捕された話、日産のゴーン氏の再逮捕の話、国土交通副大臣の塚田氏が忖度辞任、桜田五輪大臣が失言辞任、そういった話の間に天皇皇后両陛下のご成婚60年の祝賀会のニュースがあった同日4月10日には山本太郎氏による新党『れいわ新選組』の発表があった。

そして、そしてこれまた同日に『巨大ブラックホール写真撮影成功』の発表があったのだ。

これはなにかの偶然か?どうかわからないが

ボクは 令(ブラック)和(ホール)と新鮮な見方を提唱…したくなった。

兎に角、このブラックホールの視覚化というのは科学的見地から言うともの凄い出来事のようだ。

この巨大ブラックホール『M87 』は地球から5500万光年の位置にあり、直径1000億km大、その温度は60億度というから想像すら不可能。

1915年にアインシュタインによる一般相対性理論によってブラックホールの存在を想定したことが、およそ100年少しでその存在が可視化され巨大ブラックホールの決定的証拠を提示した…ということらしい。しかも、この研究は日本人研究者が世界的にもリードした上での快挙という。なんでもEHT(Event Horizon Telescope)というも凄い天体望遠鏡でもって世界中から何箇所から同時に観測したデーターをもとに視力300万という威力の望遠鏡でついにその正体を視覚化した。(この視力は月にあるゴルフボールをしっかり観察できる視力とのこと。)

まぁ、無学で、ブラックホールって言われても全然わからないボクですら、このニュースにはわからないなりに興奮した。

その意義として『巨大ブラックホールや銀河の形成、成長、宇宙の進化史の解明に弾み』…ということだそうだ。

f:id:syaraku-sai:20190413064736j:plain

その重要さにおいて、一歩も引けを取らないのが山本太郎氏の『れいわ新選組』だ。

ボク自身の中で特に『和』というキーワードに今、大変注目している。『令』というのがなんか不可解な要素が含まれていて良くも悪くも成り行き次第という流動的なものを感じている。安倍の臭い息がかかっている『令和』をひらがな『れいわ+新選組』という命名は新元号を生き抜く覚悟の我々にとって勇気付けられる存在となるだろう。 (写真はふざけたアプリが与えてくれたふさふさの頭髪でロックンロールしている一撮) 『本物の好景気をみせてやる!』『あなたを幸せにしたいんだ』By Y.太郎

ローザンヌ新美術館MCBA

この週末、正式には2021年2月オープン予定の州立美術館(Musée Cantonal des Beaux-Arts Lausanne) が土日の2日間だけ一般公開した。

現在のローザンヌ駅のすぐ横に昔あった旧駅の場所に、2016年〜今年2019年まで新美術館がスペイン・バルセロナ設計事務所『Barozzi Veiga』による設計で建築された。

建築現場近くに住んでいた友人が『騒音・粉塵』でまともな生活ができない!…と一ヶ月前に嘆いていたけれど、それがようやっと完成したわけだ。

f:id:syaraku-sai:20190408210245j:plain

一見すると、なんだかコンクリートのでかい塊に84柱状スリットのある無味乾燥(ボクの中では何故かベルリン…という言葉が想起)な感想をもった。

並ぶのが大嫌いなニコルが傘をさしながら忍耐強くゲットしたガイド付き館内ツアーチケットでホットしている図(この後凄い人混みとなった…)

f:id:syaraku-sai:20190408213053j:plain

建物: 145m x 21.6m x 22m(高さ)で、全12.500 m2 のうち展示場 3.220 m2 

内 常設展示場1.560 m2 ,  特別展示場1.240 m2  3階建て建造物。3階は天窓で柔らかい光線が入るよう調節出来るように工夫されている。

床の木材はすべて柏で、ドイツ産50%、スイス産50%だそうだ。

広々とした館内の壁が真っ白・・・の状態であるのを見るのは今日のみだろう。

いっそ、ボクの写真でもデカくして展示したいような…。

ここは今現在、ローザンヌ市内3ヶ所に散在している美術館二つ、エリゼ写真館一つが2021年にはすべてここに集合する美術館となり、しかも駅のすぐそばということで招来するであろう観客の数は今とは比較にならないだろう。

ローザンヌの駅自体も現在改築中で新ローザンヌ駅も完成すれば、この駅付近の雰囲気もずいぶん違ったものになるのかもしれない。

f:id:syaraku-sai:20190408221628j:plain

MCBA館の3階から見える景色。晴れていればアルプス山脈、レマン湖がくっきり、しかも国鉄マニアならずとも電車の風情も楽しめる絶好の展望場となる図

f:id:syaraku-sai:20190408222307j:plain

建築視点上、面白い!…と納得する場所のひとつ、2階から3階への階段の3分の2がちょっと腰掛けて休んだり、談笑したり、天井が広々と高く、名作に集中して疲れた気持ちを緩める場所となっている、今日は特別で下の踊り場で男性が熱唱〜それが3階にまで歌声が響く図。外はまだ工事中であるのがうががえる。

我が師の誕生日

二日前、20年ほど使い古してきた居間兼ニコルの部屋のカーペットを買い替えた際、本棚も一旦移動しなければならないというので、少し本やら書類の整理をする…とニコルが言い出し、ボク関係の本や書類を大きな紙袋3個を整理するように言い渡された。

今朝、それを整理しようと見ると、ガイド時代にスクラップしていたスイスに関する新聞記事などに混じって、1995〜6年発行された無為塾通信『風』という小冊子が4冊を見つけた。これは鍼灸学校に通っていた頃、個人的に師事していた鍼灸師・横田観風先生が主催する無為塾が発行していた冊子だ。最初に手にしたのはNo.47で1995年発行であるからボクはすでにスイス在住していた頃に日本から送ってもらったものであった。

懐かしさに手に取ると、最初のページにボクと同級生で一緒に塾生になった親友の村尾さんの巻頭言には、先生と我々が出会うことになった1981年の東鍼祭(東洋鍼灸専門学校)の治療講演にお招きしたいきさつが書いてあった。

そして先生が書いた『観風雑話』には(癒やしの場)という題で記事が寄せられていた。

もともと先生は鍼灸師になる前は大学で『理論物理学』を研究していたので、ある性質を持った空間(これを場と呼ぶ)など、素粒子が云々…の話から千利休の茶室が仏法得道の『場』であって、『仏国土実現のための求道の『場』であり、茶の湯から茶の道への転換こそ、単なる医療から、道としての癒しへの転換のよいモデル』…であるとして鍼灸師としての癒しを『道』に転換することを力強く提唱していた。

『私の治療室は六畳の広さであり、日々その中に更に50cm四方の小さな座布団に坐して治療をしている。20年以上前から治療を始め、この後何年治療ができるか知らぬが、とにかく人生のほとんどすべての時間を、このちっぽけな場に坐り続ける…(略)

私にとってこのちっぽけな場は、そのまま天地一杯の世界であり、私の人生を意義あらしめる大切な場であり、同時に道としての癒しの実践の場であるから全く他の場も求める必要がない。…(略)たとえ一生このちっぽけな場に坐り続けることになろうとも、何ぞ悔いる所があろうか。

癒しに携わる者は、癒しの場に坐すことの意義を真剣に考えてみるべきである。』…

これを読んだ時、師を誇りに思うと同時に自分がようやっとたどり着いた『場』というものに、当時50歳だった我が師はとっくに到達していたのか…と、自分の未熟さもさることながら、師のそういった気概を見破ることが出来なかった自分に可笑しくなった。

その時、携帯のフェイスブックの通信音が鳴って、見てみると我が師の75回目の誕生日であるとの通知であった。こんな偶然ってそうあるものではない、よな??

師はフェイスブックをやるような人ではないが、昨年だったかいつだったか、師から友達リクエストというのが突然あって、何かの間違いだろうとは思いながらも『承認』のボタンを押しておいたので、今回4月3日が師の誕生日通知があったのだ。

当時ボクは先生の助手として先生のそばで鍼灸治療を何度か見せて頂いていたが、その深淵な『鍼の道』は、すでに30歳を越えた自分のような怠け者で、いまだに写真に後ろ髪を引かれている自分が歩んで行けるほど甘い世界でない…と思い始めていたのであった。

f:id:syaraku-sai:20190404061746j:plain

若き日の観風先生、 誕生日おめでとうございます。御無沙汰しております。伸治朗

 

サマータイムで花見かな

今朝、恒例の我が家の全時計一時間進め作業。今日よりサマータイムが始まった!

来瑞したばかりの頃、時計の針を一時間進めるのか遅らすのかよくわからなくて頭を悩ませたものだが、今はスマホやPCが自動的に時間を調整してくれているので楽だ。

我が家には11個ほど大小の時計があるが、2年前に退職したので以前ほど時間に神経質ではない…というか、結構ルーズを楽しんでいる。

 

今日は、タンデム(日仏語交流会)のメンバーによる『花見』が行われた。

花見というと、日本での花見の思い出があまりない…

道産子でしかも北見という北東の田舎では、桜は5月遅くに遠くの山の所々にチラチラと見かける程度で、花見などという発想すらわかない土地柄であった。

だから19歳のときに、神戸の王子動物園で目のさめるような桜を観た時、『日本の桜』という意味がよくわかったものだ。その後、花見をしたのかしなかったのか?あまり記憶がないが、東京に住んでいた時、井の頭公園や他の公園で花見をしている人々をよく見かけたことはよく覚えている。

だから、今日の『花見』というのはもしかしたら初めてなのかもしれない…。といってもスイス人が主催する花見には、内心期待したい『団子類』『すし詰め弁当』『お稲荷さん』『おはぎ類』等など・・・連想するわけだが、スイスの花見でそれは望みすぎ!

ということで、その手の期待は一切あきらめていたが、案の定、ポテトチップスやらビスケット類、それにペットボトルのジュース類、それと極めつけは20歳ぐらいの日本大好きギャルソンの手作り感満載の無骨なおにぎり…には泣けた。冷凍庫から出してきたばかりなのかまだ半冷凍のままで、コチコチなのがカワイイ!あまりにでかいので日本女性と半分こして食したのであるが、味が何もなく、おにぎり型のプラスチックに御飯を思いっ切り詰めたようで密度が尋常でなく、おにぎりからはみ出るようにキノコをどうゆう味付けをしたのかしらないが、黄緑色した具が散見し、ただ帯状の海苔が巻いてあることで、かろうじておにぎりと認識できる代物であった。それでも皆で分け合って食べましょう…という花見精神はしっかり見て取れ、それが嬉しい。

20人ほど集まったが、大学生が半数以上いて、日本からの留学生が男女2人ずつ4人いた。そのうちの一人女性が初めて作ったという、ミニどら焼きを持ってきてくれた。

それと中年の日本人女性が満開の桜の木の下で、抹茶を立ててくれたのは、一服の和風を吹かせて、絵になっていた。

場所はオリンピック博物館そばの一角に咲いている7本の桜があるところで、19度までに上がった気温の快晴の空の下、満開の桜のここだけは日本そのものの気がした。

f:id:syaraku-sai:20190401070156j:plain

   ちょっと数年前のパジャマ姿の自分を貼って遊んでみた花見図

場所はまさにここで、午後も深まると散歩に来た人々で特にアジア人たちが盛んに桜の枝に手をかけて引っ張ってインスタグラム用写真を撮ったり、わざと桜を散らして写真を撮って、我が日本人女性の顰蹙を買っていた…

ところで明日から『元号』が変わるそうだが、ネットでは安倍の『安』が入るのでは…という懸念をしているようであるが、どういうことになるのだろうか??

とにかく、ボクの眼からは悪くなる一方の日本政治、経済、それと対象的な大半の国民の無関心ぶりに、今年の大切な選挙はどのような結果をもたらすのであろうか…などと考えると桜の花に浮かれている場合か〜とは正直思う。

 

 

 

My マグノリア…

じつは、先日よりフランス語5回コースをとって、今日早くも3回目が終わった。

いつもの日仏交換・素人先生と違って、プロの先生となるとやっぱり確かに違う!

女性のボリームのある先生はこの道何十年の経験者らしく、バッサリ切るところは切り、それでもって細やかで気の利いた応答で対応してくるところは流石〜なのだ。

最近、少しずつフランス語が好きになりかけている…気がするが、それこそが語学に最も大切なものなのである。

ということはおよそ在スイス25年くらいの内、最初の10年は好き度はマイナ・スレベル、後の10年は仕方なし・レベル、で去年からスイス人と我々日本人とで語学交換交流会に参加することですこーしずつ、すこーしずつフランス語が好きになってきたという物凄〜い長時間をかけて語学に対する気持ちを高めてきたことになる。

日仏語学交換交流会…約して『タンデム』に参加したことで、教えたり教わったりの楽しさ、そしてなによりいい歳のお兄さん、お姉さん方が小学校生レベルの日本語を実に一生懸命やっている姿、それはそのままフランス語を学ぶボクの姿でもあるが、それが実にイイんだよね…。

だから、週一回の『タンデム』には出来る限り無欠席で行こうと思っている。

六十を過ぎたオッサンは日本人ではボクと、スイス人では浅草の仏ちゃんと自称している日本に行くこと数えきれないほどのオッサンで、彼のアイホンには日本語辞書系のアプリが信じられないくらい完備され、毎回日仏勉強に参考になる新しい書物をカバンに忍ばせ、人に見せては『貸してあげますよ』と寛大なところを見せ、日本語は検定試験など受けたことがないらしいが、かなり上級者であることなど仲間内でも頼りにされている男である。

この人とボクとはタイプが全く違うが、仏教徒であること、マッサージ業をしていること、太極拳をしていること、などなど共通項があり、会えば話の合う良い仲間である。

ところで、毎週2〜3度走りに行く、My公園のボクのマグノリア(木蓮)に花が咲いた。

f:id:syaraku-sai:20190329044756j:plain

この公園で迎える春は、退職後として2回目。この木をMy Treeと勝手に決めた図

春を迎え、他の木々にさきがけ健気に花をつける我が木蓮よ…アッパレ! 

日本の桜に勝るとも劣らないその姿、なかなかのものである。