拈華微笑

我が琴線に触れる森羅万象を写・文で日記す

哲玄老師の円月殺法

まぁ、それほど長生きしているわけではないが(67歳)、Youtubeで様々な分野のエキスパートの方々の話を聞くと、それなりに長生きしてよかったな~と、つくづく思わざるを得ない。

スイスの片田舎に住みながら、日本語で結構長い講義などを聞くことができる…というのは(ボクの場合だけど)ほんの数年前までは考えられないことだった。特に海外在住で高卒の自分には『有り難い』という感謝の念なしには見ることができない。

先日は安宅和人氏というAI分野のエキスパートのYoutubeを何本か連続して観た。そして彼が活動する日本と安倍が悪政しまくる日本と同じ国の話か???と思えておかしかった。

量子コンピュータとかディープラーニングとか知が高度に進化した分野の頭上で痴の政治家たちがせっせと日本沈没にいそしむ状況は『進化とは?』なんだんだ!という問いが自ずと湧いてきたりする。

そういったわけでもなく、どちらかというと偶然で井上哲玄老師の動画に出会った。


井上哲玄老師 カフェ寺 2018年9月24日

2時間を越える動画なので最初の10分だけでも観てもらいたい。

ここに、老師の『円月殺法』を見ることができるのだ。

しかしまぁ、『円月殺法』を知っている人がそもそも少ないだろうが、これは作家、柴田錬三郎が書いた小説、それをもとにした映画『眠狂四郎』の剣法の名がこの『円月殺法』といって、構えた長剣で円を描く動きの中で切り込んでくる敵を切り倒す…市川雷蔵演ずる眠狂四郎ほど『クールとかニヒル』の似合う人はいないだろう。

悟りについて説法する老師の円を描く扇子の動き、そして老師の表情が…まさに『円月殺法』をボクに想起させた。

曹洞宗の僧侶が『悟り』を正面から説法することは、ボクの知る限り珍しい。

AIを研究している諸氏は老師の円月殺法を見破ることができるだろうか…。

 

仏性は『和』のDNA

馬骨考−仏教研究会を立ち上げ、数ヶ月。

ボクはついに仏性は『和』のDNAであることをつきとめた。

 

かなり複雑になった仏教を現代人にわかりやすく説明する方法を退職して以来あまり根を詰めることもなく緩やかに研究するともなく研究した結果がここになってようやっと芽がでた感じだ。

仏陀は悟って『草木国土悉皆成仏』と言った。

これって本当に凄いことではないかなぁ~…

それを前提にしても、仏教は八万四千の経典があると言われ、様々な宗派があり、複雑を通り越して煩雑になりすぎた結果、人々は自分が死んだらどこかの坊さんに葬式をあげてもらうのに、自分の家の宗派すら知らない仏教音痴でいる現状…

それを別にしても、人をして幸福にする究極の『和』は仏性の形であり、我々人間の一人ひとりが生まれ持っている性としてDNAに配されている…と言っている馬骨菩薩にしてみれば、仏教について何も知らないことは、本当に宝の持ち腐れでもったいないことなのだ。(じつは、馬骨菩薩とはボクのことなのだけど…)

ボクが尊敬している鈴木大拙さんの言葉に

『広める、広めぬ…じゃないんだなぁ…。

 みんなが知ってなくちゃならぬ、というわけだ。広める広めぬというと、なにか人為的でだな、厭なものを教える、ということになるかも知れぬけど、そうじゃなくしてだね、そういうものをみな世間の人が知っていなくちゃならぬ…、それには宝の持ち腐れじゃ困る…ということになりますな。』・・・と言っています。

 

それと、こういう詠み人知らずの短歌があります

『幼子が 次第次第に 知恵つけて 仏に遠く なるぞ悲しき 』

せっかく『和のDNA』を産み付けてもらっているのに、それに気づかずによそを向いて幸福を探し求めている大半の人々。

 

和のDNAは  ⃝ これが知恵つけて ➔心 と散り散りになり ➔ 悟って  ⃝ になる。

この  ⃝ から和風が吹いていて、日本にとどまらず世界中に和風が吹こうとしている

f:id:syaraku-sai:20190812013717j:plain

 

 

選挙が100倍面白くなるインターネット界へ!ようこそ

2011年6月、ボクが最初のスマートフォンを買って俳句でツイッターに入ってから、はや8年…

それまで日本のニュースとはほとんど無縁状態であったのが、ツイッターを通して他の様々なネットメディアに導かれ、東北大震災の原発事故を含めた問題に対する政府の動きとそれに疑問を呈するインディペンデント・ネットメディアなどを見聞きする中で、なんか日本がおかしくなっている…と思い始め、60を過ぎて初めて選挙権を行使するという経緯があった。

だから、もう筋金入りのノンポリ(政治無関心派)であったから、今回2019年の参院選挙の投票率が48%であっても、あれこれ文句を言える柄ではないが、今の若者と僕等が若者だった30〜40年前の政治状況とではその『歪具合』が比較できないほどヒドイ。

投票しない…ということは、『現状維持』を受け入れるという意思表示になり、それによって『現状維持』を装っていた政権は好き勝手に法律を改正して独裁制を強め、結局は48%の政治無関心派の人々を苦しめて行くのは間違いないだろう。

今や、テレビや新聞は大企業や政府にコントロールされ真実を報道しない。

それをしているのは、金によって支配されていない個人メディアであり、それはスマートフォンやパソコン、タブレットなどを持っていれば誰でも見聞できる。

もちろん、そこにはピンからキリまでそれこそ様々な情報が飛び交っている状況でその中には全くデタラメなものもあるし、信じるに十分値する情報もある。そこはやはり自分が判断しなければならないことは当然と言える。

そういった状況を踏まえつつネット情報を観てゆけば判断能力が高まるのだ。

最近の例であるが、

youtu.be

チャンネル桜…のこの動画を見て(特に20分〜50分のあたり)、

を観ている時に、ボクはおかしな錯覚に陥る…この水島さんが、それこそ昔の新撰組の近藤勇に見えてきたのだ・・・。その近藤勇が現代の『れいわ新選組』の山本太郎代表を共産主義者と強い口調で決めつける場面は圧倒だ。生粋の保守派というのはこんなものなのだろうか。

『イデオロギーで見ていません!』と口では言っているが、どう見たってイデオロギーのレッテル貼りでしょ!…と言わざるをえない動画チャンネルもあれば…

youtu.be

この方(風花未来さん)のように詩人の立場から文化〜政治まで幅広く自己の考察を披露してくれる人もいて、大いに参考になるが、まさにこのチャンネル桜の水島氏の山本太郎さんについての批評について言及している。

Youtube動画だけでなく、ツイキャスや、Facebookやツイッターやその他にもいろいろなメディアがあってそれぞれの立場を開示しているので、まさにテレビでは見ることも聞くこともできない人々の意見をじっくり見聞することができる。特に選挙前になると自称政治評論家達が沢山出てくる。参考になるものも少なくない…というか選挙が間違いなく面白くなる。

 

 

 

 

SFに見る未来社会は何故かボロボロ

昔からSF映画が大好きでこの歳(67)になるまで、様々なSF映画を観てきたが、そこにはほとんど例外なくボロボロの未来社会が描かれていた。

未来だから、バラ色のはずの未来社会…とは思えない『みすぼらしい』人間の世界なのだ。

だいたいが、『貧富の差』が歴然として、この格差が起こす出来事が映画のストーリーになっている。

もともと政治や経済と無縁と思って生きてきた…、というよりむしろそういったことには一切関わりたくないという積極的『反政経生き方』を選択してきた自分であったから、こういったSF映画を見て疑問を持ちながらも、それ以上に深くその問に対して探求して来なかった…ところが、安倍や麻生の政治家たちにしてみれば、『国民の1億総白痴化』観点からすると大いに益のある我が生活スタイルであったに違いない。

それが、奇しくも2011年・3月11日の大津波によって美しく装っていた『美しい日本』のメッキがすっかり剥がれおちて、ボクのようなノンポリでも目に余る、『愛』が決定的に欠如した政権支配の姿が、日本から遠く離れて住んでいるにも関わらず、インターネットの目覚ましい発展のタイミングもあって見ることができるようになった。

そういった意味で20年前の映画『マトリックス』にボクは物凄い衝撃を受けたが、その時はその真意というものがわからず、ただ直感的に、確かに僕等は何か『真実ではない』現実に生きている、生かされている…などと思い、それはその時すでに入門していた禅が示す道をゆくことで、偽りの世界から脱出できるのだ・・・とボクは思っていた。

しかし、今回の参院選での『れいわ新選組』を応援する中で知った大西ツネキさんの経済のあり方の話によって、僕等が生きている『生きにくい世の中』というのが、何も精神的なあり方だけではなく、現行の経済システム自体が根本的に『オカシイ!』ということを極力誰でもわかりやすく説明をしているのを聞いて、本当に『目から鱗』がポロリ…と落ちる思いがし、これがもう一つの『マトリックス』に化かされている社会からの脱出の道であることを実感した。

たしかに、今のままの経済システムでは時間が経つほど資産の格差はどんどん広がり99%の貧困層は1%の富裕層に支配されてゆくのは新作のSF 映画を待つまでもなくボロボロの社会が日本が率先する形ですでにもう始まっているのだ。

今回の参院選の投票率は、48.8%で1995年に次ぐ過去2番めの低さだったそうだが、国民のマトリックス化=1億総白痴化は功を奏しているようだ。


目からウロコの財政金融基礎知識/大西つねき

新しく加わった新選組メンバー大西ツネキさんによる講演動画は3年前のもの。

やはり、2011年頃から新しい社会をめざして啓蒙運動を開始

和風でぶっ飛ばす参院選〜その3

いよいよ、明日が参院選の投票日。

誰もが、開けてみなければわからない結果がいよいよ明日の夜にでる。

ボクは自分のブログに前回の参院選(2013年)で当選したときの山本太郎の政見放送をアップしたが、それと比べても今回の山本太郎の政見放送は実に堂々とし、誠実さあふれ、政治家として飛躍的に成長した姿を見せてくれたので、今回もそれをと思ってYoutubeを検索したら、山本太郎と安倍晋三との政見放送を対比した動画を見つけたのでそれをアップすることにした。

ボクはこれを観て、悲しくなった…。

人間の『愚かさ』があまりにも鮮やかに映されている現実に。

そして、その愚かな人間のほうが多い…という現実を変えることがいかに困難であるかということに…。まだ、結果がでてないうちからこんな悲観的なことではいけないが。


自民党、れいわ新選組、政見放送比較 安倍総理、山本太郎

明日、うれしい悲鳴をあげることができますように! れいわ!

和風でぶっ飛ばす参院選〜その2

ちょうど20年前、映画マトリックスを見たとき、心がザワザワッ…とした。

そういった同質の問い?に突き動かされて禅の修行にいったのが、その15年ぐらい前。

しかし、考えてみると自分は子供の時から勧善懲悪の東映映画の影響か、金に振り回される生き方だけはしたくない…と強く思っていたことだけはよく覚えている。

でも現実生活の中で、そういったことに無縁で生きることができるのは簡単なことではない故に、もしかしたらボクは必然的に禅という方向に導かれたのかもしれない。

禅では世の中を変えることが難しいなら、自己を変えれば良い…的なところがある。

社会を変えよう…などと声高に言わないところが、いいところでもあり、良くないところでもあると思う。

だから、ボクは昔、ガンジーの映画を見た時に、激しく感動したが、それは自己の信念を社会に働きかける人間というものを観た思いがしたからであった。

福島の原発事故いらい、政府の不正を訴え続ける山本太郎にも尊敬の念をボクは抱いている。

今回、この参院選がらみで、世の中の経済の仕組みについて異を唱える男『大西ツネキ』という人物を知った。

彼は大卒以来、もっぱら金融関係の仕事を営んできた中で、まるで映画マトリックスのように経済の仕組みの何かが変だ???と気づいた。

それで一大決心し、残りの人生をこの仕組の大改革に挑んだ。

彼の考えの根底には『和風』が吹いている。


美しい地球、美しいあなたへ 大西つねき

 

和風でぶっ飛ばす参院選

山本太郎率いる『れいわ新選組』の出現で、今回の参院選は前代未聞の選挙になりそうだ。

なんせ10人の立候補者のうち、2人が車椅子の重度身体障害者…っていうだけでも度肝を抜く。

ボクがいう『和風』って他でもない『和する=思いやり』の風のこと。

それを全面的に訴えて共感を求めている政党が『れいわ新選組』だ。

 


【ドキュメント】木村英子 ~重度障がい者として生きるということ~

そして、この2人の身体障害者が今回導入された『比例特別枠』という、自民党が自党の都合のために定めた新選挙制度を、打ってきた刀を奪って、返り討ち…するみたいに

利用して、選挙運動が認められないルールをバシッとこの二人に当てはめるという素晴らしい発想を山本太郎は取り入れたのだ。(すっげー!!!)